地方銀行

池田泉州銀行の住宅ローン、変動金利おすすめ。審査基準を完全解説!借入額可能額シミュレーション結果はこれ!

*各データは2019年8月1日時点のものです

こんにちは。ゼロ仲介の田中です。

元・三井住友銀行住宅ローン担当、ファイナンシャルプランナーで、現在はゼロ仲介の住宅ローンを担当しています。

大阪府・兵庫県に支店が多い、地方銀行の池田泉州銀行の住宅ローンについて解説してみます。

▶この記事を解説している、ゼロ仲介田中(ファイナンシャルプランナー)のくわしいプロフィールはこちら

ゼロ仲介バナー

池田泉州銀行住宅ローンの借入金利

変動金利 0.575%(がん特約付き)

固定金利(35年固定)1.15%(がん特約付き)

 *各データは2019年8月1日時点のものです

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
変動金利の金利は、最優遇金利の場合です

年収から計算した池田泉州銀行の借入可能額シミュレーション

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
(左)年収から計算した(中)借入可能額を(右)35年で借り入れた場合の毎月の支払額です。
年収 借入可能額 毎月の返済額
250万円 ⇒ 1,410万円 ⇒ 3万7,070円
300万円 ⇒ 2,040万円 ⇒ 5万3,634円
350万円 ⇒ 2,380万円 ⇒ 6万2,573円
400万円 ⇒ 3,170万円 ⇒ 8万3,343円
450万円 ⇒ 3,570万円 ⇒ 9万3,860円
500万円 ⇒ 3,970万円 ⇒ 10万4,376円
550万円 ⇒ 4,370万円 ⇒ 11万4,893円
600万円 ⇒ 4,760万円 ⇒ 12万5,146円
650万円 ⇒ 5,160万円 ⇒ 13万5,663円
700万円 ⇒ 5,560万円 ⇒ 14万6,179円
750万円 ⇒ 5,960万円 ⇒ 15万6,696円
800万円 ⇒ 6,350万円 ⇒ 16万6,950円

上の表は、現在ほかに借り入れがない場合での計算です。

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
クルマのローン、リボ払いの毎月の支払いがある場合は、別途計算が必要です

▶参考動画:住宅ローンとクルマのローンを組むならどちらが先がいい?(動画時間2分47秒)

▶参考動画:投資用ワンルームマンションを所有している場合、住宅ローンへ影響ある?(動画時間3分10秒)

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
奨学金の支払がある場合は、こちらの動画で解説しています

▶参考動画:「奨学金の住宅ローンの審査への影響」の話(動画時間1分58秒)

池田泉州銀行の住宅ローンはこんな方におすすめ・おすすめできない

(1)池田泉州銀行の住宅ローンがおすすめな人

このような条件で住宅ローンの借入れを考えている方にはおすすめです。

  1. 変動金利で検討していて、金利+α(団体信用生命保険の特約無料など)に魅力を感じる人
  2. 全期間固定金利で検討していて、金利+α(団体信用生命保険の特約無料など)に魅力を感じる人
  3. 諸費用の借り入れを検討していて、家具家電代金も借り入れ希望の人
  4. 収入合算での借り入れを考えていて、奥さんの雇用形態が契約社員・パートの人

(2)池田泉州銀行の住宅ローンがおすすめできない人

ヒガシノさん
ヒガシノさん
下の条件にあてはまっていたら、池田泉州銀行以外がいいかもよ
  1. 個人事業主の人
  2. くせのある物件の購入を検討している人
  3. 直近1年に返済の遅れがある人(直近3回でほぼ無理、直近2回は属性次第)
  4. 諸費用の借り入れを検討している人(金利上乗せ+0.2%になる)

池田泉州銀行の住宅ローンの特徴

池田泉州銀行の住宅ローンの金利と審査基準について、まずは変動金利について説明しました。

ここからは、池田泉州銀行の特徴をくわしく書いていきます。

(1)優遇金利は承認後

事前審査の承認後に、銀行担当者が保証会社に交渉して優遇金利が決まります。

どういうことかというと。

一般的には、

事前審査の承認

同時に金利確定

池田泉州銀行の場合

事前審査の承認

池田泉州銀行・保証会社間で金利の交渉

金利確定

のため、優遇金利がわかるまで、事前審査の承認後「2〜3日」かかる場合があります。

とはいえ、書類が揃って事前審査を申込む段階である程度の優遇金利の目安は担当者から連絡もらえますので、安心してください。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
結果出るまでまったく優遇金利がわからんわけじゃないんやな

(2)審査は個別

「池田泉州銀行」も「関西みらい銀行」と同じく、審査は個別。

なので、池田泉州銀行側から条件を出してきて、少しでもいい条件、なんとか審査が通るように提案してくれたりします。

たとえば、

  • 親に連帯保証人になってもらえますか?
  • 実家は、持ち家ですか?
  • 購入するお家が実家の近くだとプラスポイントなんですが、実家の住所を教えてください
  • コツコツ貯めてきはった自己資金を見たいので、預金通帳を1年分コピーください
  • 資格を持っていたら証明書のコピーください

こんな条件を提案してくるわけです。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
足りない条件を、別の条件で補うことを提案してくれるとか、なんていい銀行やねん
ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
このあたりが、地方銀行のいいところです

(3)保証会社が2つあって、事前審査の承認を出すために使い分けている

審査される方はここまで知らなくてもいいかもですが、内部の話をすこし。

池田泉州銀行は、保証会社がふたつあって、条件のいい方を使ってくれます。

ちなみに、そのふたつはこれです。

  • 池泉保証(いけせんほしょう)
  • 全国保証(ぜんこくほしょう)
ヒガシノさん
ヒガシノさん
池泉保証が独自の保証会社で、全国保証は外部の保証会社やな
ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
審査する機関’保証会社)がふたつあるので、幅広く審査に対応してくれます
ヒガシノさん
ヒガシノさん
池泉保証で通る方が金利とかの条件がいいらしいからな

(4)収入合算

配偶者の雇用形態・年収に制限はありません。

具体的には、

奥さんがパートでも収入合算可能。(もちろん、契約社員・正社員でも可能)

パートの場合でも、収入はまるまる合算できます。

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
30万円でも、150万円でもそのまま合算できます

*合算した場合の収入計算方法

→ そのまま足すだけ。

  • ご主人さん(正社員) 年収300万円
  • 奥さん(パート)   年収100万円

の場合は、世帯年収は400万円で計算。

参考記事:住宅ローンの収入合算については、こちらにくわしく書きました。

(5)奥さんの収入を全額プラスできる

収入合算者の奥様がパートでも全額プラスすることができる!

最高です。

このあたりは、「関西アーバン銀行」と同じ。

参考記事:他の銀行の場合のケースも比較して見ておきましょう!

・「三菱UFJ銀行の住宅ローン」の場合は、奥様がパートだと合算不可。

・「関西みらい銀行(旧・近畿大阪銀行の住宅ローン)」は、奥様がパートの場合の合算金額は「最大100万円」まで可能。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
奥様の収入をすべて合算できるなんて、素敵すぎるやろ

たとえば、

  • ご主人様      年収 300万円
  • 奥様(パート) 年収 100万円

なら(借入期間35年・ボーナス払いなし・変動金利で)

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
世帯年収400万円です。

池田泉州銀行は、関西みらい銀行(旧・関西アーバン銀行)の住宅ローンとおなじく奥様の収入合算において他の銀行よりイケてます。

(6)諸費用を借り入れる場合の条件が低い

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
低い、気がします(結構主観です。念のため)

諸費用を借入れる場合は、こんな項目がオッケーです。

  • 事務取扱手数料
  • 保証料
  • 登記費用
  • 火災保険料
  • 税金(不動産取得税・固定資産税)
  • 不動産仲介手数料
  • 引越費用
  • その他住宅購入に伴う諸費用(家具・家電購入資金も可)
ヒガシノさん
ヒガシノさん
家具・家電購入資金もいけんの!
ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
住宅ローンと同じ金利で家具・家電も融資してくれます(50万円まで)

(7)繰り上げ返済手数料が無料

インターネットバンクから、っていう条件がつくものの繰り上げ返済手数料は無料。「0円」。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
当然インターネットバンクから手続きするわな
ヒガシノさん
ヒガシノさん
地方銀行はだいたい共通している気がするな

(8)事務手数料がちょっと高い(かもしれない)

保証会社に支払う「事務手数料」というものがあるんですが、

  • 諸費用は自己負担:32,400円(税込)
  • 諸費用も借入れる:54,000円(税込)

諸費用も借りると、ちょっと高くなります。

諸費用は自己資金だと、他の地方銀行とおなじ額。

池田泉州銀行の住宅ローンの審査基準

正直なところ、こんなに細かいデータは必要ないと思いますが、念のため。

内部の審査基準はこんな感じです。

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
これまでの金額、データはこちらを基に算出しております
店頭金利 2.675%
最大優遇後の金利 0.575%(変動金利)
*団体信用生命保険のがん特約付き
審査金利 2.675%
返済比率 200万円以上300万円未満 → 25%
300万円以上400万円未満 → 30%
400万円以上      → 35%
借入可能最低年収 200万円以上
最低勤続年数 1年
諸費用を借りたときの契約本数 1本
諸費用ローンの金利 物件本体と同じ金利(最大で+0.2%金利上乗せ)
パートの収入合算
ペアローン あり
連帯債務 なし
産休・育休中に融資実行できるか あり
全国保証利用できるか
web審査で個人信用情報をチェックしているか している

まとめ

いろいろ書きましたが、変動金利で最大優遇・さらに+団信オプションの三大疾病が無料でつく条件(キャンペーン中)にあてはまるなら、かなりおすすめ。

事前審査で必要な書類は多いですが、それは不動産営業マンにまかせればいいので、デメリットほとんどないです。

参考:池田泉州銀行の住宅ローンのWebサイトのご案内

ここでは、池田泉州銀行の住宅ローンの審査基準についてくわしい説明をしましたが、住宅ローンの内容については、公式サイトも参考にご覧ください。

「池田泉州銀行」の公式サイトはこちら

必見!関西で新築一戸建ての購入を検討されている方へ

新築一戸建てを仲介手数料0円で紹介するサービス「ゼロ仲介」を始めました。

くわしくは、下のリンクからどうぞ!

ゼロ仲介バナー

そのほかの銀行の「住宅ローン」徹底解説シリーズ!もまとめました

池田泉州銀行以外にも、各銀行の住宅ローンの情報をまとめました。

その他「フラット35」の住宅ローン徹底解説シリーズ!もまとめました

さらに、住宅ローンの質問で多い「フラット35」についても、「フラット35とは」についてや、「フラット35」の商品についてなど徹底解説をまとめました。

「フラット35とは」住宅ローンのくわしい解説

フラット35で人気の「アルヒ(ARUHI)」を徹底解説

「損しないお金の使い方とは?」シミュレーションをまとめました

ABOUT ME
鈴木宏治
鈴木宏治
大阪生まれ大阪育ちの41歳。 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。