新築一戸建て建売住宅を購入したあと、思いのほかにかかるお金一覧。盲点かもしれないですよ。

こんにちは。ゼロ仲介を運営しています、株式会社グラウンドの鈴木です。

資金関係が早めにクリアになる新築一戸建て建売住宅。
売主分譲会社に支払う代金と購入にかかる費用が、早い段階でわかります。

お家購入に関してのお金はクリアになりますが、実は購入後、いろんなお金がかかるんです。

これまでの経験でお客さんから

ヒガシノさん

え!そうなん!

て言われたものを書いていきます。

と、その前にこちらの記事を読んでください。

▶参考記事:手持ち現金100万円でお家は購入できるのか?

あわせて読みたい
リアルに検証してみた。手持ち現金100万円(手付金込み)で、価格3,000万円の新築一戸建ては購入できるか? この記事を読めば「これがわかる!」 手持ち現金100万円(手付金込み)で価格3,000万円の新築一戸建ては購入できるのか 3,000万円の新築一戸建てを購入したときの出費一...

上の記事に書いたように、3,000万円の新築一戸建ては、いろいろと頭を使えば、購入時に現金出費は約63万円にすることができます。

ただ、購入時の費用を抑えても、お家を購入してからまだどんどんお金が出ていくんです。

ゼロ仲介 鈴木

こんなの知ってました?

ゼロ仲介 鈴木

何にお金が出ていくか想像つきます?

っていうのが今回の話です。

ドキドキしながら読んでください。

ほんと

購入費用だけでじゃぶじゃぶお金使ってる場合じゃないですよ。

▶参考記事:新築一戸建て建売住宅の購入諸費用の内訳についてはこちら

あわせて読みたい
新築一戸建て建売住宅の購入諸費用の内訳を把握してみよう。平均相場はいくら? こんにちは。「ゼロ仲介」を運営している、株式会社グラウンドの鈴木です。 新築一戸建てを購入するには、物件の金額だけではなく、「購入費用」・「諸費用」とよばれて...

▶参考動画:新築一戸建ては物件価格以外に、外構費などが必要?(動画時間3分19秒)

この記事の目次

購入時に売主会社へ土地・建物代金以外で支払うお金

新築建売住宅の購入となれば、広告に掲載している価格にすべて含まれている(購入諸費用は別だとしても)と思いきや、そんなことはない物件もあります。

特に、小さい工務店さんが売主の場合は、建築についてかかった費用を別途請求してくる会社もあります。

そのため、広告の価格以外に別途かかる費用があるのかを最初に確認しておく必要があります。

よく請求される費用を書いてみますが、各費用の金額は売主会社によってまちまちです。

会社によって、こんなにちがいます。

(だからこそ確認が必要なんです)

  1. 建築確認申請手数料
  2. 水道引込工事費用(水道市納金・水道納付金)
  3. 外構費用

おもにこの3つですが、これは売主会社から請求されると支払わないといけません。

基本的にはこの3つの費用は物件価格ではないので、諸費用に含まれるのですが、売主に相談すれば物件価格に入れてもらえます。

それによって、住宅ローンでの借り入れができる可能性があります。

購入した後に必要になるお金

最初に、これ知っておいてください。

新築一戸建てを購入した場合、物件の契約時には、新居の住所はまだありません。

そのため、購入した物件へ家具家電を送ることができないんです(住所がまだないから)。

ゼロ仲介 鈴木

じゃあ、いつ住所がいつ確定するかというと、、、こちらの動画で話しているので、見ていただけたら!

▶参考動画:新築一戸建てを購入した場合、新住所はすぐわかるのでしょうか?(動画時間1分24秒)

(1)カーテン

まずはこれ。意外とかかります。

多くの方がこちらのどれかでカーテンを購入されてます。

  • ホームセンターの既製品
  • ニトリオーダー
  • 無印良品オーダー

お家の大きさによりますが、一戸建ての窓の数はおおよそ10-15箇所くらいです。

ヒガシノサン

ぜんぶ無印のオーダーにしたら高い

とか、ひとそれぞれです。

もちろんカーテン代金はピンキリですが、新築一戸建てのカーテン相場は10-30万円くらいです(すべての窓に取り付けて)。

10万円と30万円、この差がホームセンターの既製品カーテンとオーダーカーテンの差。

ホームセンターで既製品のカーテンを買っても10万円ちかくします。

あと、カーテンレールはついていないので、ご自身で設置しないといけません。

ネットで検索すると、「自分でできるでしょ」て書いてますが、全部で10-15箇所くらい設置しないといけません。

オーダーカーテン屋さんで購入したら、採寸・カーテンレール取り付けの無料サービスをしてくれるところもあります。

(2)テレビアンテナ

テレビアンテナについては、ほとんどの方が知りません。

新築一戸建ては、テレビ線が引き込まれていません。建売住宅だと、100%引き込まれてません。注文住宅だと、建築時に最初から引き込んでることもあります(別途費用が必要)。

建売住宅の場合はテレビ線(テレビアンテナ)引き込まれていないので、ご自身でテレビが見られるようにしないといけません。

方法は2つ。

  1. 従来型のテレビ線を電線から引き込む
  2. 光回線等のネット経由でテレビを見れるように申込む

電線から引き込みだと、ネットで最安値業者をさがして5万円くらい。電波調査などがあり、電波状況が悪いとお金かかります(性能のいい受信機を設置する必要があるため)。

(3)エアコン取り付け

新築一戸建て建売住宅にはエアコン用の壁穴(スリーブ穴)がありません。リビングはもちろん、すべての部屋に最初からありません。

ヒガシノさん
まじで

まじです。

なので、エアコンをつける部屋には壁穴を空ける工事が別途必要だということです。エアコン取り付け業者さんが壁穴を開ける工事を一緒にしてくれますが、最初からエアコン用の壁穴が空いているマンションに取り付けるよりは費用がかかります。

ヒガシノさん
壁に新しく穴を開ける工事代がかかかるねんな

(4)バルコニー屋根

購入した新築一戸建て建売住宅が、2階建てにしろ、3階建てにしろ、洗濯物を干す場所はおそらく決まっていると思います。

建売住宅(特に飯田グループの住宅)は「洗濯物を干すのはこの場所ですよ!」ていうわかりやすい設計になっていると思います。

1-01

なんですが、ほとんどの新築一戸建て建売住宅には洗濯物を干す場所であるバルコニーに屋根はついていません。

ヒガシノさん
雨で濡れるやん!
ゼロ仲介 鈴木
そうです。濡れます

ご自身でバルコニーに屋根を設置する必要があるかもです。やっぱりみなさんなんだかんだ言いながら設置します。

▶参考記事:飯田グループ・ファースト住建などパワービルダーと呼ばれている売主についてはこちら

あわせて読みたい
パワービルダーとは?建売住宅の価格を支える3つの仕組み こんにちは。 新築一戸建てを仲介手数料無料で購入できる「ゼロ仲介」を運営しています、株式会社groundの鈴木です。 新築の建売のお家がほしくなり、いろいろと調べて...

(5)カーポート

689ed48f93dc700c1e2dff1e304ad900-header

カーポートはこんなやつです。これも、バルコニー屋根と同じ。駐車スペースが1台だろうと、2台あろうとカーポートはなし。

3階建てでビルトインタイプの駐車スペースは別です。

0018

カーポートがなければ、クルマが雨に打たれますし、陽にあたって色あせの原因にもなりますし。後で付ける方は多いです。

(6)網戸

パワービルダー物件には、最初から網戸がついていない状態で販売している会社がいくつかありますので、あらかじめ不動産業者に確認が必要です。

内覧の際にも、ご自身で忘れないようにチェックしてください。

網戸がついてないお家は、網戸はどうするかというと。

ヒガシノサン

自分でサイズを調べて調達する?

ゼロ仲介 鈴木

ちがいます

売主が、別途販売しています。

ヒガシノさん

なんという商売魂。。

(7)雨戸

これも網戸と同じく、設置されていない会社があります。

網戸とちがって、ほとんどの物件で雨戸はついていますが、数社ついていないところがありますので、要チェックです。

(8)家具とか家電とか

引越しのタイミングで買い替えたいもの、買い足したい家具・家電は絶対出てきます。

ピカピカのキッチンに、新しい冷蔵庫を置きたくないですか。

家族が集まるリビングのソファは大きいやつに買い替えたくないですか。

はじめて自分の部屋を持つ子供にベッド買ってあげたくなりませんか。

ヒガシノさん

めっちゃお金かかるやん。。

▶参考動画:「弊社から物件を購入したら家具家電プレゼントという不動産会社」の話(動画2分06分)

まとめ

購入後にお金どんどん出ていきます。

読みながらドキドキしませんでしたか。

ヒガシノサン

どんだけお金いるねん!

て。

僕はこの記事を書きながらドキドキしました。自分のことじゃないのに。

購入費用に必要以上お金を使っている場合じゃないんです、ほんと。

お家買ってからもお金はどんどん出ていきます。

自己資金ギリギリでお家を買うことはないかと思いますが、購入後にこれだけの出費があるんです。

購入時には、こんなこと考えないんで、気づけばほんとにお金がなくなってることもあるかもしれません。

ゼロ仲介 鈴木

自分はどこにお金をかけたいのか。
どこにお金をかけなくてもいいのか。

購入前に一度じっくり考えてみるのも大事ですよ。

必見!関西の新築一戸建ての購入を検討されている方へ

ゼロ仲介 鈴木

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス、ゼロ仲介を始めました。
くわしくは、下のリンクからどうぞ!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪生まれ大阪育ちの44歳。

北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。

「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」

そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。

弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。

住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。

この記事の目次
閉じる