シミュレーション

【シミュレーション】年収から住宅ローンの借入れ可能限度額を見える化!年収の何倍まで、いくらまで借りられるの?

こんにちは。ゼロ仲介住宅ローン担当の田中です。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
自分たちは、いったいいくら借り入れることができるんやろ

これがわかれば、予算の上限がわかるのに。
広告でいくらの物件情報を見ればいいのかわかるのに。

そんなあなたに、かんたんにわかるやつ作りました。

住宅ローン借入シミュレーションできるサイトはたくさんある。

Googleで「住宅ローンシミュレーションで検索」するとほんまたくさん出てきます。

住宅保証機構のwebサイト』とか、『E-LOANのwebサイト』とか。

でもふと思う。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
金利?
ヒガシノさん
ヒガシノさん
返済負担率?

なんやねんそれ。

そもそも、この金利・返済負担率にいくらの数字を入力したらいいかわからん。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
これって人によってちがうん?
ヒガシノさん
ヒガシノさん
自分はどれくらいの数字入れたらいいやろ?

もちろん銀行・不動産営業マンに聞いたらわかる。

でもそんなにたいそうな話ではなくて、

ヒガシノさん
ヒガシノさん
自分で借入可能額をざっくりと把握したいだけやねん。

↑これですわ!

▶田中のくわしいプロフィールはこちら

ゼロ仲介 鈴木
ゼロ仲介 鈴木
弊社のYouTubeチャンネルで「住宅ローンの金融機関を選ぶ基準」について田中と鈴木で話しています

▶参考動画:住宅ローンの金融機関を選ぶ基準(動画時間6分43秒)

「ざっくりでいいから借入可能額を知りたい」そんなあなたの要望を満たします

とうわけで、借入可能額ざっくりシミュレーター作りました。

りそな銀行で借り入れるなら、と勝手に想定して。

ほかの銀行もそんなに変わりません。

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
いろんな数字は私が入れました

必要な条件はふたつだけ

  • 年収
  • 勤務形態(会社員かそれ以外か)

このふたつがわかれば、借入可能額がわかります。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
細かいことは気にしなくても大丈夫やで!

念のためりそな銀行の審査基準を書いてみる

審査金利 

3.3%

返済負担率

一律35%

▶参考記事:りそな銀行の審査基準についてくわしくはこちら。

でもこんなの読まなくても大丈夫。

もろもろの数字は、こちらで計算しております!

そして最終的には、あなたが今やりとりしている不動産営業マンがくわしくシミュレーションしてくれます!

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
担当の不動産営業マンに相談してください

そのほかの条件を確認

  • 借入銀行 りそな銀行
  • 借入期間 35年
  • ボーナス返済なし
  • 元利均等返済
  • そのほかの借入れ(クルマ・リボ払いetc)なし

勤務形態・年収以外の条件をここで整理。

この条件(かなり一般的な条件)でのシミュレーションです。

もし、クルマのローンなどがあれば、借入可能額はぐっと低くなります。

(借入れがあって、それを返済せずに住宅ローンを借入れる場合は、個別に計算が必要です)

▶参考動画:住宅ローンとクルマのローンを組むならどちらが先がいい?(動画時間2分47秒)

年収について

ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
年収は税込み年収で計算します

税込み年収は、毎年年末に会社からもらう源泉徴収票を見れば、一発でわかります。

見る場所はここ↓

源泉徴収票
ヒガシノさん
ヒガシノさん
毎月振込みされてる手取り額とちがうねんな
ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
税金・保険料を引かれる前の金額なんで、実際の手取り額とは大きく離れているので、注意してくさい

収入合算する場合は

りそな銀行は、奥さんとの所得(収入)合算可能。

この場合のポイントです。

  • ご主人さん+奥さんの合算収入が世帯年収
  • ご主人さんが会社員・公務員かで判断(奥さんの職業は関係なし)
ヒガシノさん
ヒガシノさん
というわけで練習問題をしてみよう

問題①

ご主人さん(会社員) 年収350万円

奥さん(パート)   年収100万円

→ 年収450万円で計算

→ 会社員・公務員の表参照

→ 借入可能額3,170万円

問題②

ご主人さん(個人事業主) 年収400万円

奥さん(会社員)     年収250万円

→ 年収650万円で計算

→ 会社員・公務員以外の表参照

→ 借入可能額4,580万円

みたいな。

勤務形態について

ここでは、ふたつにわけて審査基準が設定されてます。

  • 会社員・公務員
  • それ以外

それ以外の具体例はこんな感じ。

  1. 個人事業主
  2. 会社経営者(代表取締役)
  3. 取締役
  4. 契約社員

というわけで

ざっくりシミュレーターで借入可能額(MAX額)を把握しよう

ヒガシノさん
ヒガシノさん
え?まさかの表なん?
ゼロ仲介 田中
ゼロ仲介 田中
わかりやすいのが一番でしょ

そう、ざっくりシミュレーターは、アナログです。

年収と照らし合わせてください。

年収×借入可能額の表

年収借入可能額
300万円2,110万円
350万円2,470万円
400万円2,820万円
450万円3,170万円
500万円3,520万円
550万円3,880万円
600万円4,230万円
650万円4,580万円
700万円4,940万円

気をつけないといけないポイントがあります

ざっくり借入可能額は把握できましたでしょうか。

この表は、あくまでざっくり把握するのが目的です。

ヒガシノさん
ヒガシノさん
でもまあ十分やな

銀行によって審査基準がちがうので、借入可能額はもちろん変わりますが、だいたいこの表くらいの金額になると思います。

気をつけていただきたいのは、この表の金額は、あくまで融資をしてくれる最大限の金額で、無理なく返済できる額とはまったく別の話ということ。

この最大限の借入れをしたあと、たとえばご主人さんの収入が減ったり、奥さんが働けなくなったりすることで一気に返済は苦しくなります。

無理なく返済できる額は、またちがう話です。

シミュレーションをまとめました

必見!新築一戸建ての購入を検討されている方へ

ゼロ仲介 鈴木
ゼロ仲介 鈴木

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス、ゼロ仲介を始めました。

くわしくは、下のリンクからどうぞ!

銀行別に住宅ローンの特徴もまとめました

各銀行の住宅ローンの情報をまとめました。

ABOUT ME
鈴木宏治
大阪生まれ大阪育ちの43歳。 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。