【心構え編】お家の値引き交渉、価格交渉のホント・ウソ!90%の人が勘違いしているんです!

この記事を読めば「これがわかる!」

お家を購入するときに・・・

  1. 「この物件、いくらくらい値引きしてもらえるんだろ」
  2. 「値引き交渉したらいくら安くなる?」なんてみなさん思います。
  3. 「誰々は値引き交渉していくら安く買った」とか聞いたことありませんか。

もちろん少しでも安く買いたい!そのためにまずは価格交渉の「心構え」を書きました。

 

ヒガシノさん
なあなあ、お家の値段ていくらくらい値引きしてもらえるん??
スズキ
あ、ヒガシノさんこんにちは。どうしたんですか、ついにお家買うんですか?
ヒガシノさん
いやまだ「これ」ていうのが見つかったわけちゃうねんけど、値引きしてもらえる相場が知りたくて。
スズキ
んんん。ヒガシノさん、大きな思いちがいしてますよ。
まず、お家は基本的に値引き交渉、価格交渉できません。これめっちゃ大事です。
ヒガシノさん
え。ウソやろ。大阪やで。まけてもらってナンボやん!
友だちのチエちゃんは、200万円値引きしてもらって言ってたし!
スズキ
みなさん、ほんとに誤解してます。もう一度言うと、お家は値引き交渉、価格交渉できません。
だから値引きしてもらえる相場なんてのもありません
ヒガシノさん
じゃあチエちゃんはどういうことなん??実際値引きしてもらってるねんから!
スズキ
それは例外パターンです。
価格交渉ができる、値引きしてもらえる、と思ってお家を選ぶと選択の幅がいつの間にか狭くなって、損しちゃいますよ。
ヒガシノさん
……
スズキ
ヒガシノさん大丈夫です。価格交渉よりも大事なことがあります。
それを説明するんでよく読んでくださいね。

 

 

1,新築一戸建ては基本的に値引き交渉、価格交渉はできない

「え、どういうこと?」って思った方も多いかもしれません。でもこれ本当なんです。

新築一戸建ては基本的に値引き交渉、価格交渉はできません。

「いやいやお友だちは新築購入時に値引きしてもらってたし!」と思いますよね。

これにはちゃんとした理由があります。

 

2,分譲している売主は、「売れる」と思って販売している

「パワービルダー*」でも、「地元の工務店」でも、新築一戸建てを販売している売主さんは、自社の新築一戸建ては売れると思っています。

よく考えたら当たり前ですよね。売れると思ってるから、土地を仕入れて建物を建てて販売しています。
さらに、販売価格ですが、これも当然「売れる」と思っている価格を設定しています。

「売れるわけないほどの高い」価格を設定するわけはありません

売れて初めて会社の利益がでるんですから。

ただ、実際に販売を開始するまでは販売した物件が人気の物件なのか、価格が妥当なのかは売主さんにも正直なところ分かりません。自信満々で土地を仕入れて、販売価格を設定している売主さんも販売開始するまでは、内心はドキドキしていたりします。

▶参考:*「パワービルダーて知ってますか?その価格を支える3つの仕組み。」について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

3,販売開始して売れそうなら価格の値引きはしない

じゃあ実際に販売を開始して、問い合わせがたくさんあったらどうなるか。

値引きしません。してくれません。

そりゃそうですよね、買い手が見つかりそうなのにわざわざ利益を減らして売るような会社はありません

人気エリアで建築前や基礎工事段階で問い合わせがたくさんあったりすれば、売主さんは設定した価格での販売を見込みます。
手ごたえは販売しはじめるとすぐ分かるんです。

1-DSCF06081

これが基礎です。

 

4,売れていないお家は価格が下がる?

販売開始をしたものの、問い合わせがなかったり、建売住宅が完成して期間が経ったものは価格が下がることが多いんです。

これもよく考えてると当たり前ですよね。

「長期間売れていないお家=販売価格が相場と合っていない」ことが多く、売主さんは価格の見直しをします。

新築一戸建ての販売は、ほとんどの会社は銀行から資金を借り入れて事業としておこなっています。
売れない状態のまま、金利だけを支払い続ける会社はありません。

「パワービルダー」*に関しては、価格を下げるタイミングが社内の規定できっちり決まっています。担当営業マンは売れない分譲地をずっと抱えるよりも、売ってしまって次の土地を仕入れることに力を注ぎます。当初見込んでいた利益にこだわらず、薄利でも売ってしまって次の物件での利益を考え始めます。

▶参考:「*パワービルダーて知ってますか?その価格を支える3つの仕組み。」について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

スクリーンショット 2016-04-01 17.38.41*at homeは「築後未入居」で検索できます。

 

5,大事なのは気持ちよく買うこと

これまでたくさん仲介してきた経験からのアドバイスです。

大事なことは気持ちよく買うことです。

価格交渉でアタマがいっぱいになってしまうとダメです。

欲しいお家がやっと見つかったとします。
価格の値引き交渉をしてみても反応が悪い。。

この場合、しつこく価格の値引き交渉をしてもまったくムダです。

しつこく価格の値引き交渉したあと、あきらめて現在の販売価格で買うことにしても、これまでの交渉具合から売主さんとの関係が悪くなっているということもあります。

お家に何かあれば、修理・保証してくれるのは売主さんです。

場合によっては、売主さんに完全に嫌われてしまって、「あなたには売らない」なんてことにもなりかねません。

また、建売住宅はすぐに買い手が決まることもあります。

人気エリア・少し相場より安い販売価格の物件の場合は、基礎段階や建築中でも購入する方もたくさんいます。*

文字通り即完売です。このような物件では、「価格が下がったら買おう」なんて言ってると、すぐになくなってしまいます。

▶参考:「*未完成の建売住宅を買うべき5つの理由。」について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

おなじ物件は2度と出てきません。

本当に欲しいお家なら、「買う」ことが第一です。

とはいえ、大阪や関西で新築一戸建てを購入するなら、少しでも安く買いたい。

価格交渉、値引き交渉は基本的にできないとしても、「価格交渉、値引き交渉ができるのはどんなとき?」、「どんな物件?」。

知りたいですよね・・・。

安心してください、「例外のパターン」というのがあるんです。

 

6,大丈夫です。価格交渉、値引き交渉の方法教えます。

基本的に価格交渉ができないなら、「例外のパターン」を書きます。

めっちゃ実践的ですので、ぜひ使ってください。

続きについては、以下の記事でご紹介していますので、詳しくは「【実践編】 お家の価格交渉、値引き交渉が成功するパターン!」をご覧下さい。

▼【実践編】 お家の価格交渉、値引き交渉が成功するパターン!は以下をクリック!

【実践編】 お家の価格交渉が成功するパターン!

2016.05.14

 

 

必見!新築一戸建ての購入を検討されている方へ

スズキ

新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス、ゼロ仲介を始めました。

くわしくは、下のリンクからどうぞ!

 

「スズキ」が大阪の新築一戸建てを仲介手数料で紹介します!詳しくはこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの41歳。 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。 夢は、短パンで物件案内すること。