お家の探し方の基本! 嘘と本音を公開!住宅購入セミナー

新築一戸建て建売住宅の購入諸費用の内訳を把握してみよう。平均相場はいくら?

新築一戸建て建売住宅の購入諸費用の内訳をざっくり把握してみよう。

この記事を読めば「これがわかる!」

  1. 新築一戸建て建売住宅を購入した時の諸費用の項目とその金額は?
  2. 各諸費用の支払先とは?
  3. 節約できる費用の項目と節約できない費用の項目とは?

 

こんにちは。「ゼロ仲介」を運営している株式会社groundの鈴木です。

 

新築一戸建てを購入するには、物件の金額だけではなく、「購入費用」・「諸費用」とよばれている費用が別途必要です。

 

この費用は、どんな項目があって、それはいくらくらいかかるものなのでしょうか?

ほとんどの方が住宅を購入されるのが初めてだと思います。

だからこそ言葉は聞いたことあるが、その内容を理解されていない方が多いと思います。

 

新築一戸建てを購入しようと思ったら、物件の価格以外にいろいろかかります。

みなさん、「まずはお家」ってなりますが、購入費用の項目と金額を先に知っておいて損はありません。

 

そしてこのお家の費用以外の購入費用、いわゆる「諸費用」の部分で「大きく損する人」、「大きく得する人」の差がでるんです。

 

まずはざっくりと「諸費用の項目」を把握しましょう。

 

そして、どの項目が節約できるのでしょうか?

新築一戸建てを損せずかしこく購入するには、「購入にかかる諸費用を抑えるのが一番かんたんで効果が大きい」のです。

 

諸費用の項目と金額を知っておくと、得することしかないので、この記事をしっかりと読んでください。

新築一戸建ての購入費用を抑えるポイントは、費用の項目と金額を把握することから始まります。

 

そんなに多くないので、まずは全体像をざっくりとでいいのでつかんでください。

 

そしてもし諸費用について不明な点や、不安な点がありましたら、お気軽に「ゼロ仲介」の鈴木までご相談下さい。

以下のような、これからお家を購入する方を対象にした「住宅購入セミナー(無料相談付き)」も開催しています。こちらのセミナーにご参加いただくと、「お家の購入費用についての基本的な知識」を詳しく勉強していただけると思いますので、是非、ご参加下さい。

 

▼無料の住宅購入セミナー(大阪会場)も開催中!気になる方は以下をチェックしてください!

「住宅購入セミナー【無料個別相談付き】(大阪会場)」について詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅購入セミナー「失敗しないお家の探し方の基本!嘘と本音を公開!」

▼お家の購入費用(諸費用など)について合わせて確認しておくべき、以下の情報もチェックしておきましょう。

ゼロ仲介で住宅を購入する際の「購入費用の明細(内訳)」!住宅ローン事務代行費用も必要なし

住宅ローン代行手数料は不動産会社に本当に支払う必要があるの?いやいやそんなの支払ってる場合ではないです!

 

1,まずは実際の建売住宅の購入費用の明細をみてみよう

 

購入費用meisai

実際にお客さんに渡した購入費用明細

 

僕が前の会社で働いていたときに、お客さんに実際に渡した購入費用明細です。

(お客さんに許可いただいて公開してます)

 

購入物件を関係をざっくりとまとめると、こんな感じです。

 

お家の価格 2,500万円(税込)
住宅ローン借入先 都市銀行
借入れをしたのは ご主人様名義
借入金額 2,500万円
購入費用 自己資金で全額用意

 

ポイントは

  • お家の金額はまるまる銀行から借りた(お家の頭金はゼロ)
  • 購入費用はすべて自己資金で現金で用意

 

というところです。

 

2,500万円(税込)の新築一戸建てを購入するのに掛かった費用は「約242万円」

 

上の明細で赤く囲ったところですね。

不動産仲介会社から購入すると、この項目でこの金額。

そしてこの合計金額くらいになると思います。(各名称は会社によって違うかもしれません)

 

ヒガシノさん

結構かかるねんなあ。平均的っていうけど、もっと少ないかと思ってた・・。

 

2,諸費用のそれぞれの項目をみてみよう

 

新築一戸建て建売住宅の購入諸費用の内訳をざっくり把握してみよう。

 

スズキ
というわけで、それぞれの項目をみてみましょう

 

ざっくりの諸費用の金額と、支払先を書いてみました。

一般的な費用項目はこの「①−⑩」ですべて網羅していると思います。

 

不動産屋さんからもらった費用明細にこれ以外のものがあれば、もしかしたら支払う必要のないものかもしれません。

記載した金額は2,500万円の新築一戸建て(建売住宅)を購入した場合の平均額です。

 

同じくらいの金額の新築一戸建てで、これ以上の金額だともしかしたら少し多くなると思います。

※各項目の金額は、わかりやすいように上の表の金額を切り捨て・切り上げています。

 

ヒガシノさん

あくまで概算やからな!

 

① 売買契約書貼り付け用収入印紙代金

 

▼金額1万円
▼支払先国(税金)

→ 節約できない

 

印紙って税金です。

 

不動産売買契約時に、契約書に所定の金額の印紙を貼って割印をします。

金額は売買する物件価格ごとに決められていて、2,500万円だと1万円です。

 

ヒガシノさん

購入する物件価格によって、金額が変わるで

 

② 仲介手数料

 

▼金額85万円
▼支払先不動産会社(報酬)

→ 節約できる(可能性が高い)

 

不動産会社へ支払う報酬です。不動産会社の報酬のメインです。

仲介手数料は、上限が法律で決まっています。

仲介手数料を簡単に計算する方法は、「(物件価格×0.03+6万円)×消費税」です。

 

ちなみに、購入した物件が売主さんから直接買った場合には、この手数料はかかりません。

 

ちなみに、弊社は仲介手数料0円のサービス「ゼロ仲介」を運営しています。

くわしくは以下をご覧下さい。

 

スズキ

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス「ゼロ仲介」についてくわしくは、下のリンクからどうぞ!

▶新築一戸建てを仲介手数料無料で購入できるサービス「ゼロ仲介」はこちらをご覧ください。

 

③ 登記費用(所有権・抵当権)

 

▼金額35万円
▼支払先司法書士(税金+報酬)

→ 節約できない

 

お家を買うとお家の所有権が、住宅ローンを組んでお金を借りるとそのお家に抵当権という権利が付いてきます。

この権利を「登記」と呼ばれる方法で、記載します。

 

司法書士さんへお願いして、その内訳は「登記費用(税金)」+「司法書士への報酬」です。

 

パワービルダーと呼ばれている飯田グループの建売住宅や、ファースト住建の新築一戸建てを購入した場合、司法書士は売主の指定である場合がほとんどです。

 

パワービルダーについてくわしくこちらの記事で書きましたのでご参考にしてください。

パワービルダーとは何か知っていますか?建売住宅の価格を支える3つの仕組み

2016.05.08

 

④ 表示登記費用

 

▼金額10万円
▼支払先土地家屋調査士(税金+報酬)

→ 節約できない

 

新しく建てたお家には住所がありません。国(都道府県・市町村)が建築されたのを把握していないからなんですね。

建てたことを申請(登記)して、住所(=住居表示といいます)をもらいます。

 

土地家屋調査士さんへ支払う金額の内訳は「登記費用(税金)」+「土地家屋調査士への報酬」です。

このあたりは司法書士さんと一緒ですね。

表示登記は売主がするものなので、通常は表示登記をする土地家屋調査士は、売主の指定です。

 

⑤ ローン保証料

 

▼金額51万円
▼支払先銀行保証会社

→ 節約できない

 

住宅ローンを銀行から借入れるのに、保証人は必要ありません。

その代わり、「保証料」というものを保証会社へ支払って、銀行からの借入を保証してもらいます。

保証会社は、各銀行ごとにちがいますが、この制度はどの銀行も同じです。

ちなみに、借入れる金額の約2%くらいです。

 

銀行へ支払う保証料についてはこちらを参考にしていただけたら。

 

住宅ローン保証料とは?銀行からの借り入れには必要みたいだけど、意味のあるの?読めば一発でわかります!

2016.04.28

 

銀行保証料を戦略的にどう支払うのが損しないのか、について書いた記事はこちら。

住宅ローン保証料の支払い方「外枠方式」「内枠方式」とは?どちらが得?シミュレーションして戦略的に考えてみます。

2017.05.05

 

⑥ 住宅ローン契約書貼り付け用収入印紙代金

 

▼金額2万円
▼支払先国(税金)

→ 節約できない

 

これも税金。

お家を買うときに契約書を売主さんと交わしますが、銀行から住宅ローンを借りるときも同じように銀行と契約書を交わします。

その住宅ローンを借り入れる契約書に貼る印紙代です。

借り入れる金額で変わりますが、2,500万円の場合はこの金額です。

 

⑦ ローン手数料

 

▼金額:3万円
▼支払先銀行保証会社

→ 節約できない

 

住宅ローンを銀行から借り入れるときに必要な費用です。

支払先は銀行保証会社。

下の「⑧ローン事務代行費用」とまちがいやすいので注意。

 

⑧ ローン代行手数料(ローン事務代行費用)

 

▼金額10万円
▼支払先不動産会社(報酬)

→ 節約できる!

 

多くの不動産会社は銀行と提携していて、住宅ローンを利用してお家を購入する際には、あなたに代わって手続きをしてくれます。

その代行費用です。

 

②の仲介手数料とちがって、手数料の上限はないので不動産屋さんの言い値です。

相場は「5〜30万円」くらいが多いかもしれません。

中には「100万円」する会社もあるとかないとか。。。

 

支払う必要があるかどうかは、こちら記事を参照ください。

住宅ローン代行手数料は不動産会社に本当に支払う必要があるの?いやいやそんなの支払ってる場合ではないです!

2016.02.10

 

⑨ 火災保険料

 

▼金額25万円
▼支払先保険会社

→ 節約できる(可能性あり)

 

銀行によっては火災保険への加入を義務づけて住宅ローンを融資している金融機関もあります。

加入時(お家を購入時)に10年間一括(最長期間です)で支払うとお得です。

 

もし10年間分一括で支払うことができなくても、年払い・月払いで加入することもできます。

多くの不動産会社は火災保険の代理店を兼ねているため、提携の火災保険会社での加入をすすめてきます。

 

ヒガシノさん

一番安いかどうかは・・。

他と見積りをとればわかるよな。

 

⑩ 固定資産税精算金

 

▼金額7万円
▼支払先売主会社→国(税金)

→ 節約できない

 

「お家の代金を支払うとき = あなたのものになるとき」です。

それまでは、そのお家にかかる固定資産税を売主さんが支払っています。

売主さんは今年1年間分前払いしているので、代金を支払う日(=あなたのものになる日)を境にきっちり日割で精算します。

 

▼今、関西で気になる物件がある方は、諸費用が100万円以上も節約できるかもしれません。気になる物件の諸費用が安く購入できるかについて以下よりお問い合わせ下さい。

大阪の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介する「ゼロ仲介」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

3,【必見】ゼロ仲介で住宅を購入する際の「購入費用の明細」大公開します!

 

これまでは、新築一戸建てを購入するときにかかる購入費用・諸費用について一般的な不動産屋の項目の解説と金額の相場などをご紹介してきました。

となると・・「おたくはどうなの?」ってなりますよね?笑

 

そんな質問にお応えすべく、今回、ゼロ仲介で住宅を購入する際の「購入費用の明細」を特別に大公開します!

 

ヒガシノさん

めっちゃ気になるでそれ!

 

スズキ

ぶっちゃけます!

ゼロ仲介、めちゃめちゃ「明朗仲介」です!

つつみ隠さずおみせしますので、以下を是非ご覧ください!

 

ゼロ仲介で住宅を購入する際の「購入費用の明細」大公開!「ローン事務代行費用」など一切必要なし!

2017.09.01

 

4,まとめ

 

いっぱい項目があって、何が何だかわからないかもしれません。

新築一戸建てを購入するときにかかる費用は、これが全部です。

  • どんな項目があるのか
  • だいたいの金額

 

このふたつを把握してするだけで十分です。

これが頭に入ったらどこをかしこく節約すればいいかが分かってきますよ!

 

ちなみに、新築一戸建て建売住宅を購入する際に、別途かかるお金一覧はこちら。

新築一戸建て建売住宅を購入したあと、思いのほかにかかるお金一覧。盲点かもしれないですよ。

2016.07.15

 

こんな感じで、お家を購入する時、知らないと大損をするような事が本当にたくさんあり、、そして、ほんとうに多くの人が「本来払う必要のないお金を支払ってしまっている」というのが現状です。

 

このような状況をなくし、希望したお家を損することなく購入していただけるようにサポートできればと思い、この記事をまとめました。

もしこの記事を読んで、お家の購入費用についてや、住宅ローンの選び方など、お金に関することで不安なことがありましたら、お気軽に「ゼロ仲介」の鈴木までご相談下さい。

以下のような方を対象に無料相談を受付中です。合わせてご覧下さい!

 

5,現在、関西で物件をお探し中の方限定!
住宅の購入費用についての無料相談「購入費の節約術、住宅ローンの選び方&シミュレーション診断」を受付中!

 

住宅の購入費用についての無料相談「購入費の節約術、住宅ローンの選び方&シミュレーション診断」を受付中!

現在、関西で物件をお探しの方対象(他エリアの方はお受けできませんのでご了承下さい)で、「新築戸建ての購入費用の節約術」や、「銀行ローンの選び方での節約術(弊社独自のしれミュレーション診断)」などの無料相談を受け付けております。

銀行の住宅ローン担当からえた「表にはだせない情報」や、これまで過去のお客さんの実際のケースからえた蓄積された「弊社独自のノウハウ」を元に、無料でご相談をお受けいたします。

ただし、個別の無料相談は以下の方が対象となりますので、ご注意ください(スミマセン!)。

● 現在、関西エリアで新築一戸建ての物件をお探し中の方のみ。(※他エリアの方は、ご回答できませんのでご了承下さい)
● ゼロ仲介で「住宅ローンなどお金の対策」から「物件のお家さがし」までご相談いただける方。(※既に他社で購入を決められている方は、ご回答できませんのでご了承下さい)

お気軽にお問い合わせください!

「住宅ローンの選び方」について無料相談はこちら

※LINEで友だち追加していただいたら自動返信でメッセージが送られてきますので、そちらに記載の必要情報をメッセージで送信してください。

 

無料相談の方法の説明

1,上記の「LINEで無料相談はこちら(ボタン)」をクリックしてください。

2,LINEで友だち追加していただいた後、チャットメッセージの入力画面を開いてください。

3,メッセージの入力画面で、以下の「基本情報」「住宅購入費用や住宅ローンに関する気になる事」をご質問ください。

●はじめてのメッセージでご記入いただきたい「基本情報」について

(1)おさがしのエリアや沿線名(複数候補がある場合は、いくつでも書いていただいてOKです)
(2)想定されているご予算感(もしわからなければ、記入しなくてOKです)
(3)現在のお勤め状況(雇用形態と勤続年数など)

●「住宅購入費用や住宅ローンに関する気になる事」について

こちらは、今お聞きしたいこと、何でもメッセージに書いてご質問くださいね!

4,ご質問内容を「鈴木(ゼロ仲介)」が確認次第、順次ご返答させていただきます。

 

6,関西で新築一戸建ての購入を検討されている方へ!仲介手数料無料で購入できる「ゼロ仲介」のサービス案内

 

スズキ

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス「ゼロ仲介」についてくわしくは、

下のリンクからどうぞ!

新築一戸建てを仲介手数料無料で購入できるサービス「ゼロ仲介」はこちらをご覧ください。

 

大阪の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介する「ゼロ仲介」はこちら

 

 

記事作成者:ゼロ仲介 鈴木

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの39歳。 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。 夢は、短パンで物件案内すること。