滋賀銀行、同性パートナーもローン可に = NHK関西【ニュース】

 

スズキ
滋賀銀行のニュースです

同性パートナーもローン可に

LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちを支援しようと、滋賀銀行は、近畿の地方銀行では初めて住宅ローンの連帯保証人として同性のパートナーを認めることになりました。

滋賀銀行では、住宅ローンの契約で連帯保証人が求められる場合、親子か配偶者を前提としていて、法的な婚姻関係がない同性どうしのカップルへの対応は想定していませんでした。

しかし、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーに対する社会的な理解が広がる中、住まいを確保する際の支援をしようと、配偶者の定義の中に「同性のパートナー」を含めることにしました。

2人がパートナーであることを証明する公正証書などを提出すれば、通常のローン審査を受けることができるということです。

滋賀銀行によりますと、こうした取り組みは全国でもまだ一部の金融機関に限られ、近畿の地方銀行としては初めてだということです。

滋賀銀行CSR室の志村絵美主任は「LGBTの人たちが暮らしやすくなる手助けになればいいと思う」と話していました。

この取り組みは滋賀のほか京都や大阪の一部の地域のローン契約が対象になるということです。

- 2018年10月16日 NHK関西 NEWS WEB

滋賀銀行が、住宅ローンの契約時に連帯保証人として、同性のパートナー同士でも認めると発表しました。

法的な婚姻関係になくても、ふたりがパートナーであることを公正証書などを提出すれば、通常のローン審査を受けられるとのことです。

 

 

参考情報:滋賀銀行の住宅ローンの審査基準については、こちらにくわしく書きました。

滋賀銀行の住宅ローンの評判は?審査基準を公開。仮審査→結果の日数は最短翌日!

2018.10.20

 

参考情報:住宅ローンの収入合算については、こちらにくわしく書きました。

住宅ローンで収入合算するメリット・デメリットは?連帯債務・連帯保証・ペアローンを解説!

2018.09.19

 

必見!滋賀で新築一戸建ての購入を検討されている方へ

 

新築一戸建てを仲介手数料を0円で紹介するサービス「ゼロ仲介」を始めました

スズキ
くわしくは、下のリンクからどうぞ

 

「スズキ」が大阪の新築一戸建てを仲介手数料で紹介します!詳しくはこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの41歳。 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。 夢は、短パンで物件案内すること。