住宅ローンセミナー【無料の個別相談会付き】大阪会場の詳しい開催情報はこちらをご覧下さい。お家の探し方の基本! 嘘と本音を公開!住宅購入セミナー

2017年版住宅ローンの審査に落ちた場合に考えられる理由まとめ!お客さんの実体験+銀行住宅ローン担当者から直接聞いたこと実録版!

この記事を読めば「これがわかる!」

  • 住宅ローンの事前審査に落ちる理由
  • 絶対に事前審査に落ちる原因 1パターン
  • いくつかの組み合わせで事前審査に落ちる原因 14パターン

 

こんにちは。株式会社groundの鈴木です。

 

銀行に住宅ローンの事前審査に出したのに、落ちた。承認されなった。
「なんで??」と思いますよね。

でも銀行は理由を教えてくれないことがほとんどです。

不動産営業マンの僕が、「銀行の住宅ローン担当者から聞いた住宅ローンの審査で落ちる理由」と「実際のお客さんからの経験で落ちた事例」をもとにした審査に落ちる理由「全15パターン」を書きました。

一発で落ちる理由、いくつかの理由の組み合わせで落ちるもの、それぞれをわけて書いています。
参考にしていただけたら嬉しいです。

スズキ
フラット35はまた別の話なので、ご注意ください。

 

 

 

▼現在、物件をおさがし中の方のみ限定!「住宅ローンの選び方&審査対策の秘策」について今スグ無料相談を受付中!

銀行の住宅ローン担当からえた「表にはだせない情報」や、これまで過去のお客さんの実際のケースからえた「蓄積された弊社独自のノウハウ」を元に、無料でご相談をお受けいたします。

ただし、個別の無料相談は以下の方が対象となりますので、ご注意ください(スミマセン!)。

● これから、または現在、関西で新築一戸建ての物件をおさがし中の方。
● ゼロ仲介で「住宅ローンなどお金の対策」から「物件のお家さがし」までご相談いただける方。

お気軽にお問い合わせください!

新築一戸建て「住宅ローン」について無料相談はこちら

下記の方は、申し訳ございませんが無料相談はお受けいただけませんので、あらかじめご了承ください。

* 既に別の不動産屋さんで物件を決められている方
* 「住宅ローン」に関するQ&Aのみのご相談の方

▼現在、無料の住宅ローンセミナー&勉強会(大阪会場)を開催中!気になる方は以下をチェックしてください!

住宅ローン無料セミナー&相談会「失敗しない住宅ローンの選び方」のご案内

「住宅ローンセミナー&勉強会【無料個別相談会】(大阪会場)」について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

1,絶対に住宅ローンの審査に落ちる原因(一発でアウトなやつ)

(1)指定信用情報機関(CIC)に「異動」の文字がある

これはもう一発でアウトです。

絶対に住宅ローンの審査に落ちます。

公務員さんでも、お勤め先が一部上場企業でもダメです。

(過去にそれぞれお客さんでいらっしゃいました。)

「異動」=「ブラックリスト」と思っていただけたらわかりやすいかと。

異動があるとほんとにダメです。

スズキ
どの金融機関に住宅ローンの事前審査をだしても落ちます。

それもすごいスピードで(即日とか数時間とか)。

「異動」はカードの支払いなどの延滞が61日以上あると個人信用情報(CIC)に書き込まれる可能性があります。

「異動」があると、CICにこのように↓記載されます。

ご自身の個人信用情報にご不安な方は下記の各指定信用情報機関のwebサイトからご自身で請求できます。

CIC(webサイトへ)

JICC(webサイトへ)

ヒガシノさん

スマホからも請求できるで

 

2,いくつかの組み合わせで落ちる可能性が高くなる原因

ここからは、決定的なひとつの理由ではなく、いくつかの組み合わせで住宅ローンの審査に落ちるものを書いていきます。

「これがあったら住宅ローンの審査に落ちる!」ていうものはありません。

これまでの経験上、住宅ローンの審査に落ちる方は、これから書くいくつかに該当していました。

 

(1)個人信用情報に関係するもの 2パターン

① 過去に借入れ(特に消費者金融)があって返済が遅れたことがたびたびある

基本的には、消費者金融からの借入れは、過去なら大丈夫(でも返済に遅れがないのが前提ですけど)。

「基本的には」という書き方をしたのは、消費者金融から借りていること自体がダメ、という銀行が一部あるからです。

(下の②に書きました)

消費者金融からの借入れが過去にあって、返済が遅れたことがよくある場合、急にきびしい状況になります。

*返済の遅れがあると、指定信用情報機関(CIC)にこんな感じで載ります。

ご自身の個人信用情報にご不安な方は下記の各指定信用情報機関のwebサイトからご自身で請求できます。

CIC(webサイトへ)

JICC(webサイトへ)

 

② 現在、消費者金融に借入れがある

金融機関によっては、現在消費者金融に借入れがあるだけでダメなところもあります。

一般的に都市銀行(メガバンク)は、消費者金融からの借入れ、とくにキャッシングがあるだけで住宅ローンの事前審査に落ちます。

アイフルアコムプロミスレイクバンクイックモビットオリックスクレジット など。

地方銀行には、消費者金融からの借入れをしていること自体は、特に問題にしない銀行もあります。

ただ、実際に現在借入れをしていなくても、キャッシングの枠の金額(50万円とか70万円とか)を返済負担率に計算する場合があるので注意してください。

キャッシング枠のあるカードを保有していることを銀行へ事前に申告しておくか、事前審査前に解約しておくことで対応してください。

*消費者金融に借入れがあると、現在・過去もあわせて指定信用情報機関(JICC)にこんな感じで載ります。

ご自身の個人信用情報にご不安な方は下記の各指定信用情報機関のwebサイトからご自身で請求できます。

CIC(webサイトへ)

JICC(webサイトへ)

 

(2)借入れ希望額の上限に関係しているもの 2パターン

① 返済負担率目いっぱいの申込み

銀行は、「この年収に対して、これくらいなら貸してもいい」という数値を決めています。

年収400万円の方なら、1年間に住宅ローンの返済にあてることができるのは、〇〇万円まで。という感じで。

この割合を、返済負担率といいます。

返済負担率が目いっぱい借入れの申込みをすると、審査がきびしくなります。

年収から計算できる借入可能額は、あくまで目安です。

そのほかの条件が最高で一番いいとしての、数値、金額です。

仮にそのほかの条件がマイナス評価だった場合(たとえば他の項目にもいくつか該当している場合)、返済負担率が目いっぱいの借入れ申込みは落ちてしまう可能性があります。

 

② すでにほかにも借入れ(ローン)がある

消費者金融では借入れがないけど、ローンがある場合があります。

それはこんな場合です。

  • クルマのローン
  • リボ払い

 

ちなみに、クレジットカードのショッピング1回払いは、銀行は返済負担率に入れません。

でも、その支払いが遅れたら、指定信用情報機関(CICJICC)に「支払い遅れ」の情報が載りますで、注意してください。

クルマのローン、リボ払いがある場合は、返済負担率に算入して住宅ローンの借入れ可能額を計算しますので、注意してください。

 

(3)銀行の融資条件を満たしていないもの 5パターン

① 勤続年数が短い

各銀行のwebサイトに書いている住宅ローン申込みの条件をみると、勤続3年以上と書いている場合が一番多いです。

ただ、実際に銀行の住宅ローン担当さんと話していると、「勤続1年から審査はできる」というのが実際のところです。

勤続1年未満だとやはり審査は厳しくなります。

バレないと思って、ウソの記載をしても銀行にばれます。

ヒガシノさん
なんで??

健康保険証の加入年月日で入社日を確認していま

スズキ
ご注意を。

 

② 銀行の申込み可能な雇用形態に合ってない

たとえば契約社員、たとえば派遣社員、たとえばアルバイト・パート。

各銀行のwebサイトに、「契約社員・派遣社員・アルバイト・パートでも融資可能」といくら書いていても実際は審査が承認になるのは、なかなかむずかしい場合が多いです。

理由は、

雇用の不安定

収入の不安定

返済が不安定になるんじゃないか(リスク)

と考えるからです。

スズキ

あとは、正社員じゃない場合(例外はもちろんありますが)、収入が少ない場合が多く、審査がきびしめになることがほとんどです。

 

③ 源泉徴収票に歩合給の記載がある

源泉徴収票に「歩合給」というかたちで基本給と別に記載されている場合があります。

歩合給の記載があると、銀行は「給与が変動する」と考えて源泉徴収票×直近3年分もしくは、毎月の給与明細×2年分(24か月分)などで平均値を出します。

たまたま昨年の歩合給がよくて最高年収のタイミングでお家を購入しようと思っても、うまくいかない場合があります。

というわけで、源泉徴収票に「歩合給」の記載があると直近1年分の資料だけでは、事前審査に落ちてしまうことも。

仮に歩合給でも、給与証明にそれが記載されていないと・・、銀行は気づかないかもしれません。

 

④ 銀行の定める最低年収を満たしていない

各銀行には、住宅ローンを融資する条件に最低年収というものを設定しています。

この最低年収は、銀行によってちがい、300万円だったり、200万円だったり、150万円だったり。

一般的には、都市銀行>地方銀行の順に最低年収が高め(基準がきびしめ)に設定されています。

ヒガシノさん

確認が必要やな

 

⑤ 物件が銀行の融資条件を満たしていない

新築の場合はあまりないのですが、住宅ローンの借入れを希望している個人の条件は問題なくても、物件が銀行の融資条件を満たしていない場合があります。

この場合も、もちろん審査には通りません。

どの銀行も住宅ローンの商品説明に、物件によっては利用できないことを記載しています。

住宅ローン商品説明書 – 三菱東京UFJ銀行

物件が融資条件を満たさないとは、たとえば

  • 建ぺい率・容積率オーバーの違法建築
  • 隣地へ越境している
  • 前の道路が要件を満たさない
  • 土地が小さすぎる(銀行の融資基準以下)

などです。

 

(4)銀行が融資するにあたってリスクだと考えているもの 5パターン

① 勤務先が親の会社

会社員だけど勤務先が親の会社の場合。

この場合も審査がきびしくなります。

理由は、同族の会社だと給与の設定があってないようなものだからです。

つまり年収に正当性がない、ってみているわけです。

いくらにでも設定できるやろ、って考え方。

住宅ローンの借入れをする直近1年間だけ年収を上げて操作することができるので、勤務先が親の会社の場合、銀行は収入証明×直近3年分と会社決算書×直近3期分を要求します。

 

② 税金(市民税・所得税)を払っていない

銀行は、税金(市民税・所得税)を払っていない方には住宅ローンの融資はしません。

源泉徴収票を見ると、税額の記載欄があります。

給料から税金が徴収されていない場合は、もちろんここに税額の記載がありません(0円と記載されます)。

スズキ

この場合は個人で確定申告をする、という場合が多いです。

確定申告をせずに税金を支払っていない場合は、確実に住宅ローンの事前審査に落ちます。

 

③ 最近離婚してすぐに再婚した

離婚して再婚する、銀行は何を見ているか。

離婚した時に、慰謝料・養育費が発生しているんじゃないか。

毎月の支払額を、この慰謝料・養育費が圧迫するんじゃないか。

上の返済負担率を超えているんじゃないかって考えるんです。

何でわかるかっていうと、去年の源泉徴収票の扶養家族欄に元奥さん(子供)の名前が書いています。

この記載で銀行はわかります。

離婚して数年経っていると、源泉徴収票には出ないので、わかりません。

となると、銀行はわからないので・・。

 

④ 独身(男女問わず)

これは、銀行が「この人、結婚したらこの家売るんちゃうかなー」って考えます。

たとえば、男性ひとりでも、女性ひとりでも50平米のマンションを購入しようとしているなら、結婚して、お子さんが生まれると絶対に手狭になります。

ならこの家売るんちゃうかな。

これも銀行からするとリスクなんですね。

 

⑤ 夫婦だけど奥さんだけで申込みをした

これまでお家を紹介してきた中で、たくさん経験してきました。

多くの場合はこの3つのパターン。

たとえば、その1

ご主人さんがむかし事業をしていて失敗した。

僕で住宅ローンは借入れできないから、嫁だけで。

たとえば、その2

ご主人さんが個人事業主で、申告している収入がめっちゃ低い。

僕で住宅ローンの借入れがむずかしいかもしれないから、嫁だけで。

たとえば、その3

ご主人さんが昔、消費者金融から借入れをしていて、返済が遅れた。

僕で住宅ローンの借入れはできないから、嫁だけで。

住宅ローンの借入れは、原則 ご主人さんだけ か ご主人さん+奥さんのどちらか。

奥さんだけで、住宅ローンを申込むと、高確率で落ちます。

銀行は、とことんリスクを嫌います。

スズキ

奥さんだけで申込む場合は、ご主人さんを連帯保証人につけることが条件になる場合がほとんどです。

 

連帯保証人になる人(ご主人さん)は、かならず個人信用情報をチェックされます。

ご主人さんが、過去に返済が遅れたことがあったり、現在消費者金融で借入れがあると、連帯保証人になることができず、奥さん名義でも住宅ローンの借入れをすることができないかもしれません。

 

3,まとめ

事前審査に落ちる理由は分類するといくつかにわけることができます。

ただ、落ちた理由がわからない(教えてもらえない)ので、ブラックボックスのように「よくわからない、審査基準が不明」と思ってしまいがちです。

一番最初に書いた、指定信用情報機関(CIC)に「異動」の文字がある、これは一発で落ちます。

ただ、そのほかの理由は、住宅ローンの審査に落ちる可能性が高くなるものばかりです。

 

 

現在、関西で新築一戸建ての購入を検討されている方、限定。
今ならゼロ仲介で「住宅ローン」に関する無料相談をお受けします!

ゼロ仲介の「住宅ローン無料相談」は、住宅ローンに精通する実績と経験が豊富な「鈴木(ゼロ仲介)」が担当させていただきます。

銀行の住宅ローン担当からえた「表にはだせない情報」や、これまで過去のお客さんの実際のケースからえた「蓄積された弊社独自のノウハウ」を元に、無料でご相談をお受けいたします。

住宅ローンの審査が通らず「希望物件が買えない!」や、住宅ローンの選び方を失敗して「総額100万以上も損をした」なんていう方を山ほど見てきました。

そんな事がないように、お家探しの前に「お金のこと」をきちんと準備しておくこと、特に「住宅ローンの審査」に事前準備がとても大切なんです!

これから「関西で新築一戸建てを購入しようとしている方」は、以下よりお気軽に無料相談してくださいね。

 

新築一戸建て「住宅ローン」について無料相談はこちら

 

住宅ローンに関する無料相談の方法の説明

1,上記の「LINEで今スグ無料相談バナー(ボタン)」をクリックしてください。

2,LINEで友だち追加していただいた後、チャットメッセージの入力画面を開いてください。

3,メッセージの入力画面で、以下の「基本情報」「住宅ローンに関する気になる事」をご質問ください。

●はじめてのメッセージでご記入いただきたい「基本情報」について

(1)おさがしのエリアや沿線名(複数候補がある場合は、いくつでも書いていただいてOKです)
(2)想定されているご予算感(もしわからなければ、記入しなくてOKです)
(3)現在のお勤め状況(雇用形態と勤続年数など)

●「住宅ローンに関する気になる事」について

こちらは、今お聞きしたいこと、何でもメッセージに書いてご質問くださいね!

4,ご質問内容を「鈴木(ゼロ仲介)」が確認次第、順次ご返答させていただきます。

*なお、現在大変多くの方からご質問をいただいております。早めのお返事で対応はしていますが、気になる事がありましたら「なるべくすぐに」ご質問のメッセージをお送りください。

 

必見!関西(大阪・兵庫・京都・奈良)で新築一戸建ての購入を検討されている方へ

スズキ

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料で紹介するサービス、「ゼロ仲介」を始めました。

くわしくは、以下の「新築一戸建ての仲介手数料が無料になる『ゼロ仲介』」の以下バナーのリンクからどうぞ!

 

「スズキ」が大阪の新築一戸建てを仲介手数料で紹介します!詳しくはこちら

 

銀行別に住宅ローンの特徴もまとめました

各銀行の住宅ローンの情報をまとめました。

イオン銀行の住宅ローンの審査基準はゆるいのか。不動産仲介営業マンがリアルに書きました。借入可能額シミュレーションあり。

2016.10.09

住信SBIネット銀行の住宅ローン、ネットバンクならではの圧倒的な金利。審査基準を解説!本当に評判・口コミのとおりなの?

2017.03.11

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを徹底解説。金利は?実際の評判は?審査はきびしい?

2016.09.02

三井住友銀行(SMBC)の住宅ローンの金利・審査基準を完全解説。おどろくほど充実した特約オプション。年収から借入可能額のシミュレーションしてみました。

2017.04.01

みずほ銀行の住宅ローン審査の内容を公開!変動金利は口コミのとおり?借入可能額をシミュレーションしました。

2017.04.13

りそな銀行の住宅ローンを解説!金利・手数料は?審査基準は口コミ・評判通り?借入額可能額シミュレーション結果公開中!

2017.05.10

三菱UFJ信託銀行の住宅ローンの審査基準は?変動金利の最優遇金利はすごい!王道の信託銀行のサービス!

2017.04.14

三井住友信託銀行の住宅ローンの審査基準は口コミどおり?借入可能額をシミュレーションをしてみました。

2017.04.14

関西アーバン銀行の住宅ローンの評判は?審査基準を完全解説。金利はどのくらい?

2016.06.26

近畿大阪銀行の住宅ローンの審査基準を大公開!審査は厳しい?変動金利はどの銀行より好条件で借入れできる可能性あり!

2017.02.26

池田泉州銀行の住宅ローン、変動金利おすすめ。審査基準を完全解説!実際の評判や口コミ、借入額可能額シミュレーション結果はこれ!

2017.05.17

京都銀行の住宅ローンを徹底解説。審査基準は?金利・諸費用ローンなどメリットデメリットはこれ!

2017.03.03

紀陽銀行の住宅ローン、審査基準はこれ!諸費用を借りると金利が変わる?

2017.03.31

南都銀行の住宅ローンの審査基準は?変動金利は都市銀行と同じくらい!「金利交渉ができる」という口コミ・評判は本当?

2017.04.09

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの39歳。

北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。

「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」

そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。

弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。

住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。

夢は、短パンで物件案内すること。